専門性が高く転職に難があることも

自分の希望通りの研究開発の求人が見つかれば飛びつきたくなってしまうものですが、研究開発という分野そのものにリスクがあるということを知っておく必要があります。研究開発というのはとても専門性が高いものであり、自分が持つ専門のスキルを活かすことが出来る場でもあります。しかし、研究開発で必要とされるスキルは専門性の高さから他では活かすことが出来ない場合も少なくありません。そのため、何らかの理由によって転職を考えた場合、研究開発のキャリアを活かすことが出来ない場合も少なくないのです。キャリアを活かすことが出来ず転職が困難なばかりか、転職先では全くのゼロからスタートをするリスクがあることも知っておくことが大切です。

突然研究が打ち切られることも

研究開発というのはすぐに結果が出るというわけではなく、場合によっては製品化するまで何十年とかかることもあります。中には莫大な時間と研究費を費やしても結果が出ない研究も少なくありません。研究開発は時間とお金をかければ必ず結果が出るというわけでは無いのです。そのため、研究開発の仕事というのは安定した仕事ではなく、常に研究打ち切りのリスクと隣合わせというデメリットがあるのです。いくら自分の希望したやりがいのある仕事であっても、会社側から研究打ち切りと言われたら他の研究をしたり仕事を辞めたりする場合もあるのです。資金力の無い中小企業の場合は特に顕著であり、成果が出なければ研究が打ち切られるリスクが高いということを知っておく必要があります。

工場の転職市場においては、製造業を中心とした未経験者募集の求人が多く見受けられます。仕事内容がマニュアル化されている上、勤務実績次第で正社員になれる点が、工場向け求人の特徴です。