生産管理の具体的な仕事内容

生産管理は、製品が納期通りにきちんと出荷されるようにコントロールする役割を担っています。具体的には、製品の販売計画に基づいて生産計画を立案していきます。次に、その生産計画に基づいて材料発注、工程管理、品質管理などの業務を行っていくのが生産管理の仕事です。ただし、さまざまな製品を手掛けていれば、販売計画の内容が変わってくることもありますので、その際には臨機応変に対応して生産計画の見直しを行う必要があります。場合によっては、営業部門と調整しながら生産計画を作成していくこともあります。計画通りに進行しているか管理する仕事ではありますが、状況がその都度変わるので、適宜臨機応変さも求められる仕事と言えるでしょう。

生産管理に求められるスキル

生産管理の仕事をする上で大切なことは、情報分析と将来予測です。材料を発注しすぎると、それは過剰在庫になってしまって会社にとって損失になります。あるいは、材料を少なく発注してしまうと、必要な部材が揃わず、納期通りに製品を出荷することができなくなります。そのため、日々の動きはもちろんですが、営業からの情報や過去のデータなどさまざまな情報を考慮して現状分析をして、今後どのようになるか予測することがとても大切になっていきます。もちろん、日々状況が変わるので、その都度考えないといけませんし、ロットアウトなど不測の事態などが発生したら大きく計画変更もしないといけません。ただし、製品の最初から最後まで関わることができるやりがいのある仕事ではあることは間違いありません。

派遣の仕事探しは待遇の良さと質の高いサポートを重視します。同じ仕事でも派遣会社によって待遇に違いがある他、就労後のサポートも質が異なります。長く働くには相性が良く、信頼できる所を選ぶのが最善です。