企業の技術や商品を開発する研究開発職

製造業を営む会社における仕事内容の一つとして、大学院卒業者を対象とした研究開発職があります。会社の主力商品を開発する開発職と、製品に関する基礎研究や安全性テストを行う研究職に分類される点が、大きな特徴です。新製品開発に必要な企業独自の技術を生み出す研究職の場合、基礎研究と実験が主な仕事となりますが、大学研究室で研究員として勤務するパターンに近いと言えます。商品開発の根幹となる技術を生み出す専門性の高い仕事なので、修士号を持っている人でなければ、求人応募が不可能なケースがほとんどです。 一方、研究職が作った技術をベースとして商品開発を行う仕事は、開発職と呼ばれます。商品開発に加えて、市場調査や技術の効果的な活用方法を考察するのが開発職の主な仕事内容です。

研究開発職に求められる能力と資格

研究開発職に必要な能力としては、物事を追求する能力に加えて、コミュニケーション能力も求められます。大学の研究員のように、実験と検証を繰り返しながら自分で物事を解決する仕事であるため、考えながら仕事をするのが苦痛である人は研究開発職には不向きです。加えて、研究開発職はマーケティングや営業といった、企業内にある他部署との連携が必要不可欠な仕事の一つです。そのため、研究結果や開発結果を具体的に説明できる、コミュニケーション能力も求められます。 研究開発職を行うのに必要な資格は特にないものの、技術士を取得していれば科学技術の知識が豊富だと証明できます。加えて、特許といった知的財産の管理に関係する知的財産管理技能士や、品質管理関係のQC検定も、研究開発職の仕事をする際に有利です。